| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Dexshell Blog

デクセル 防水ソックス CoolMaxモデル

川を横切った時にシューズの中に水を入れてしまった! 。。。。

雨降りの中 川のようになった山道を登る!。。。。


防水シューズを履いていても、ふとしたことから内部に侵入した水分は厄介です。
いくら靴下を変えても常に足は濡れた状態になり、それは体力の低下にもつながります。

またローカットシューズでのハイクの場合、シューズ半分以上の水深に対して耐水性は望めません

そんな時にはデクセルの防水ソックスがお勧めです。

シームレスで製造されたデクセルソックスは透湿排汗性が高く、寒冷地の雪や雨の中で容易に脚部を
快適に保ちます。独特の製造技術により高い伸縮性を持っており、着用時に脚部にフィットします。


【上写真】
川で試した写真。 最初サンダルを履いて歩いていましたが、しまいには直に歩いていました。
普通のソックスのように一見するとべチャべチャですが。。内部は濡れませんでした。

-サイズ選定アドバイス-  私は26.5cmのサイズを履きますがサイズはLでした
                ご参考になさってください 少し大き目が良いようです。

    Socks00.jpg

- 耐水性 -
デクセルソックスは工場出荷前に特殊な計測機器を用いた耐水圧測定を行いその耐水性は 
10psiの静水圧に対応し、これは7000mmの高さの水柱に相当する水圧なのです。 

- 通気性 -
通気性世界では様々な試験基準と方法が存在しますが、ASTM E96 BW: 1995に基づいた、
デクセル防水ソックス機能層の透湿指数は12,000g/m2.dayに達します。

- お手入れ -
デクセルソックスは、長くご使用いただくため、常温での手洗いをお願いします。
機械洗いの場合、水温は必ず摂氏40度以下として下さい。
また洗濯後は屋内で陰干し後、風の当たる場所で垂直に干して下さい。
熱源の上で乾燥させたり、熱風やアイロンのご使用は機能層に障害を起こす可能性があるので
おやめ下さい。


- 洗濯の推奨方法 -

 *  40度以下での洗濯    ドリップドライ推奨(脱水しないで干す方法)   

  
 禁止洗濯方法   ドライクリーニング   アイロン     漂白

 お奨め!   出来れば手洗いをお奨めします         


素材と機能

・アウター層は保護層の役割を担い、耐摩耗性の高いポリアミド繊維によるニットで、耐摩耗に優れる

・中間層は高性能防水透湿薄膜材料を使用し防水性だけでなく、高度の通気性と排汗性能をも実現

・内側となる肌に接する素材はCoolMaxを採用し自然な体温調整機能を最大限に引き出します。
 暑い時には、異型断面を持つ繊維により体から汗を吸い上げます。さらに、寒い時には中空繊維が
 保温素材として暖かさを保ちます。



  購入は 正規輸入取扱店  > FREELIGHT Shop デクセル防水ソックスで cilK!

 
スポンサーサイト

| デクセル防水ソックス | 16:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。