| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

使い込んだmini Oil Lantern

1_20120927100401.jpg

この使い込まれたミニオイルランタンは私が販売当初から使っている物です。

見ていただくと判ると思うのですが 燃料が入る部分は変形しています。

これはボリビアの塩湖の小屋で使用している際 目を放しているときに踏まれてグチャグチャに

なった物を現地で石では叩いて治して使い 帰国後はハンマーで叩いてさらに整形した跡です。


FREELIGHTの考える道具とは このように現場で壊れても何とか使い続けられる道具

さらに帰宅後は通常使用出来るほど修繕できる道具なのです。

アルコールストーブの Trinity ONE もまた その単純な構造ゆえある程度の壊れも

現場で修復が可能です。



さらにこのミニ オイルランタンの場合 この缶が破壊されても缶だけの販売もしております。

ウルトラライトなのに修理しながら 長く使い続けられる道具 

それがFREELIGHTの目指す道具作りなのです。

     21.jpg
スポンサーサイト

| MINI LANTERN / ミニ ランタン | 09:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FREELIGHT MINI LANTERN / ミニ ランタン

mini.jpg

フィールドでの夜はすっかりLEDの光の世界になってしまいましたが、やさしい炎の光に包まれるのは如何でしょうか?
燃焼時間は火力によって異なりますがボトル1本分(12ml)でも3~4時間は点火します。
(1泊のハイキングでは一晩中つけていない限り十分だと思われます)

行灯に近い性格を持ったこのランタンは重量わずか7g(本体)と非常に軽量です。
                     
※ ワンタッチと言うわけではないですが、火力調整が出来ます。

      重  量      7g    ボトル 4g

       Size       φ 45mm H 45mm (収納時 H 20mm)

      燃料容量     20ml    ボトル 12ml

      付  属    ( 交換用の芯 / 芯交換用金属線 )

min3i.jpg
 含まれるパーツ類

mini2.jpg

運搬時には本体タンクの中に燃料ボトル以外の物が納まります。

mini8.jpg

FREELIGHT550POTに収納して見ましょう

TRINITY-ONE と背の低い PE Wide mouthed Bottle を組み合わせれば
ハイキング時の火気類が全て収納可能です。(蓋はひっくり返して収納しメッシュでまとめます)

POT         Titanium 550 CookPot  
STOVE       TRINITY-ONE   
Bottle        PE Wide mouthed Bottle
Wind screen    Titanium-Foil 
火気         ライター

mini7.jpg

本体はTRINITY-ONE の燃焼体を外せばそこにすっぽり収まるため、そのまま保温台としても使えます。

mini6.jpg


mini50.jpg



FREELIGHT SHOP >>   FREELIGHT MINI LANTERN 



| MINI LANTERN / ミニ ランタン | 17:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。