| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

取り扱い

FREELIGHT Trekking Compact 158g

    取り扱い方
 


      
スポンサーサイト

| Trekking Pole | 12:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

修理とバスケット取り付け

修理 と バスケット取り付け

FIZANSYUURIJPG.jpg

修 理

多くの皆様に私共の製品を使っていただいていると やはり破損事故も起きてきます。

上写真の物は 転倒により中段のポールがポッキリと折れてしまい
上段のパイプの中に折れたポールが残ってしまった物を修理させていただきました。

私共はある程度の工具をそろえていますのでお客様では修理加工不可能な物でも
もしかしたら治せるかもしれません。

是非あきらめてしまう前にご相談くださいね。

(FREELIGHTでは出来るだけ長く皆様にご利用頂けるように補修パーツの確保をしています※)







バスケットの取り付け

付属する55mmバスケットは岩の隙間 木の根などにポールの先端が挟まり
折れてしまうのを予防する事ができるので是非取り付けてください。

取り付けはそのまま押し込むのですが… それが結構硬いので
どうするの?? と ご質問も頂いています。

FIZAN社ではそのことについて言及していないのですが 
あまりに多くのご質問を頂いているのでご紹介します。



  お湯につける!


只それだけなのですが・・ なかなか皆さん気が付かないようですね。

軟質プラスチックは温めると柔らかくなるので簡単に取り付けられます。

勿論取り外しも同じくお湯につければ簡単です。

もし冬季利用で85mmに交換したい時はお湯につけて交換くださいね!





※ 補修パーツですが 同じカラー 同じデザインの物はすでに無くなっているかも知れません。
  色 デザイン違い など気にしない! と言うならかまいませんが
  やはり揃えたいと言う方は 現行のデザインの物に交換していただくことになります。
  左右パーツとして出しますのでそのような時も是非ご連絡ください。



| Trekking Pole | 09:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

強度 サポート スクリューロック について

FFF.jpg

@ 強度はどうなのですか?

FREELIGHTで販売されるポールはFIZAN社契約のプロクライマーによる製品のテストを受けています。 
そしてそこで行われるテストにおいて製品の強度を検討し その結果に合格した物のみ製品化しております。

この検査ではCompactと同等重量のカーボンポールもテスト検査しましたが 同重量に置いては強度不足という結果により製品化されておりません。

このようにFIZAN社では理論レベルだけでなく現場レベルでも強度を検証していますので 我々が使用するにおいても十分な強度がある製品と言えると思います。


@ 保障やサポートの内容は?

FREELIGHTで販売されるポールには全て保証書が添付されます。もしご使用中の不慮の事故により破損してしまった場合には対象部品を供給しますので長い期間ポールを御使用頂く事が出来ます。

また購入後1年未満は部品価格の80%の価格で部品供給をさせて頂きますので購入時の保証書は無くさないように保管ください。

※ 1年以降もFIZANモデルの部品供給には保証書が必要となります。



@ スクリューロックについては?

FREELIGHTで販売するポールは全てスクリューロック方式による長さ調整機能により伸縮を行っています。

このスクリューロックに使われるFIZANのエキスパンダーパーツ(パイプを固定する部品)は安価大量生産品のポールと違い非常に柔軟で粘りがあります。 つまり力ずくで回さなくともしっかりパイプを固定する事ができるのです。

この事はポールの使用寿命性能に大きな影響を与えます 何故なら力ずくで締めた場合 この部分に大きなストレスを与えるだけでなく この部分に侵入した水分や汚れにより このストレスが増幅されるからです。

この優位性だけでもFREELIGHで販売するポールは十分に価値のある製品と言えるのではないでしょうか?

 
また 力ずくで固定したまま使用後もポールを放置すると、さらに腐食と言う更なる問題も重なります。

スクリューロックタイプのトレッキングポールの不具合はほとんどがこのパターンと言え 取り扱いを見直すことによりこの問題を回避することも出来ます。

FREELIGHTのポールもやはり固定したまま放置するのは製品にストレスを与えることになるので、 
是非ご使用後は速やかに開放して ご家庭ではメンテナンスを行ってください。 


※ FREELIGHTが販売するポールは 力ずくで締めたからと言ってパイプが破損するほど
  強度が無い製品ではありません。 
  もしも! の時はしっかり閉めてご利用いただくことも出来ます。


| Trekking Pole | 09:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬季の使用 メンテナンス について

FREELIGHT TREKKING COMPACT への質問

FIZAN 1


・冬季の凍結について教えてください。
・FIZANのページに8000m級の山で使われたと書いてありますが凍結しないのですか?


FREELIGHT TREKKING COMPACT(FIZAN)のロックシステムはスクリューロック方式を
採用しているので 厳冬期の利用ではフリックロック方式のポールより凍結の可能性はあります。

スライド機能の不能はパイプ内部に水分が入り エキスパンダーパーツが固着する事により起きるのですが
固着の可能性を少しでも低くしたい場合はフリックロックシステムのポールをお勧めします。

では何故Trekking Compactは8000m級で使われたのか?と言うことになりますが FIZAN社の答えは簡単 

[固着する事を前提に 固着したらモノポールとして長さ変更をしない使い方をして使うから。] 

[フリックロックも凍らないか?と言うと やはり厳冬期には固着する場合がある。 この場合も
モノポールとして使うのだから それならば軽さのアドバンテージを優先して8000m級にも
TREKKING COMPACTでも問題は無い]
 というお答えでした。

考えてみればそれはその通りで 時と場合を考えて道具は使い分ければ良いわけです。

道具にオールマイティーを求めるのは日本人の癖なのでしょうが…

極端な例厳冬期のテント泊には厳冬期テントを使います 
夏山のテントには夏山又は3シーズンテントを使う事と思います。 
ポールも同じように厳冬期はフリックロック (又はモノポールと割り切ってスクリューロック)
その他3シーズンは軽さを優先してスクリューロックを選ぶのが良いのではないでしょうか?



・メンテナンスの方法は?


以前も書きましたがスクリューロック方式のポールはエキスパンダーパーツのズレによりパイプ内部から
固定します。このため締める部分の金属やエキスパンダーパーツには締め付けているときにはストレスがかかっているのです。 

ですので使用後には速やかにこのストレスを開放するのがポールを長く使うためのコツとなります。 

また使用時には自然環境の中で使うので水分や細かいゴミが内部に侵入することも十分に考えられます

この進入したゴミや水分はパーツのストレスを増幅させます。 
ですので毎回とは限定しませんが帰宅後は定期的に内部を水道水でゆすぎ 
ゴミを取り除いた後十分に乾燥させ その後組み立てて保管するのが一番良い保存方法です。 
( 乾燥は内部が完全に乾くまで行ってください )

勿論保存時はパイプを固定しない事に越したことはありません。


是非参考になさって メンテナンスを行ってくださいね。

FIZANN.jpg

| Trekking Pole | 09:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

このページは FIZAN Trekking Compact の情報ページです。

素材に関して  使用レポート などありますので是非ご参考にしてください!



現在 FIZAN製造のトレッキングポールは FREELIGHT Comcact をはじめカラーモデルも
ありますが ・グリップの一部の違い  ・デザインの違い はありますが、その他は同一
パーツ構成となります。


連結部と石突き部分の紹介

3.jpg

 段差が無いパイプのつなぎ目によって表現される美しいシルエットは石突きまで続きます。 
 付属するバスケットは肉抜きがされ軽量化にもこだわった姿となっています。


※ 通常使用に耐える強度と世界一軽いのトレッキングポール!
 

 注
 ポールとして通常使用では十分な強さを示しますが 物(パイプ) 単体と考えれば肉厚のものには
    適いません。

    隙間にはさんで捏ねてしまった! 倒れた時に上か踏んでしまった! などは破損の原因になります。
    ご注意ください。


 ※ 付属の55mmバスケットを装着してご利用ください。 隙間になどに入りにくくなり
   破損の可能性を減らすことが出来ます。





   世界最軽量とは >  伸縮式トレッキングポールにおいて世界最軽量 (製造メーカー公表) 



| Trekking Pole | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。